【新任担当者のための基礎から学ぶ労働法】第33回 労働者災害補償保険法②―業務起因性― 時間外労働実態など判断 脳・心臓疾患や精神障害/安藤 源太

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回は、実際に企業において労働災害が起きた場合の対応方法について、労働者災害補償保険法、労働安全衛生法等に基づいて説明を行った。今回は、どのような場合に労働災害と認められるのかについて解説する。この点、労災保険法は、業務災害については「業務上」と規定するのみであり、「業務上」の概念については、もっぱら解釈に委ねられることになる。

事例

 A社の従業員Bが半年間にわたる長時間労働により、脳出血またはうつ病を発症したが、いかなる場合に労災と認定されるのか。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 安藤 源太

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月10日第2888号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ