【転機迎える賃上げ管理】第33回 停滞企業の分配率線/河合 克彦

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 第2法は企業が成長過程にあり付加価値、人件費が順調に伸びている場合は活用できるが、売上げが停滞ないし落ち込んでいる企業では傾向線がうまく求められない。このような企業では次のようにして適正労働分配率線を求める。

 ① 過去5年間の付加価値、人件費、労働分配率は表1のとおりであったとする。その付加価値と人件費のデータを合計して平均労働分配率を求める。すると、過去5年間の労働分配率平均67.7%が算出される。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月14日第3032号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ