【柳家小満ん落語家 ちょっと一席風流噺】第33回 秋刀魚

2016.10.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 食欲の秋ということで、食べ物の話を幾つか続けたいと思うが、まずは秋刀魚の話題だ。

 落語の方では『目黒の秋刀魚』がお馴染みで、これは会話でなく地の語りを主にして話を進めるので、この手のものを「地噺」と呼んでおり、演者のセンスによって噺の肌合いが違ってくる。噺の粗筋は、さるお大名が目黒へ野掛けをして眺望絶景の地で一休み、やおら空腹を覚えた処へ秋刀魚の焼き香が漂ってきて、家来から下魚の由を聞かされるが、「苦しゅうない、秋刀魚をこれへ、目通り許す」とはちと大袈裟だが、そこが落語だ。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月31日第3086号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ