【高齢者を活性化する役割・実績給】第12回 自律型制度の基本理念 責任ある目標設定促す 挑戦度・難易度を事前に反映/梅本 迪夫

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

本人参画で人間基準へ

1 「能力と仕事と賃金の高位均衡の実現」をめざす

 これまで自律型役割給・実績給制度について、実務的な観点から説明してきたが、今号ではその基本理念を述べたい。

 自律型役割給・実績給制度は、楠田丘先生が提唱する日本型成果主義の「能力と仕事と賃金の高位均衡の実現」をめざし、「能力の開発向上を重視し(人材の育成)、それを梃子として仕事にチャレンジし(人材の活用)、成果をあげ生産性の向上を果たし、賃金を高めていく」という基本理念に基づく(図1)。とくに自律性と自己責任を重んじ、「自らの役割・賃金は自らも参画して決定する」人間基準の賃金制度である。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月24日第2890号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ