【高齢者を活性化する役割・実績給】第17回 賃金表の設計方法 上下10%格差が目安 S評価で上位の標準以上に/梅本 迪夫

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

除外に見合う処遇を

1 役員報酬と非管理職の残業込み年収を勘案した演繹型

 管理・高度専門職能に適用する定額型の役割・実績給の賃金表は、両賃金の合計額である基本給を評価別の定額として設定する。以下、評価別区分は標準型の5区分(S、3A、2A、A、B)として説明する。

 基本給額の設定方法には、2とおりある。1つは演繹型ともいえる方法であり、もう1つは現状追認型といえるものである。

 まず前者について説明したい。管理・高度専門職能の最上位職能資格(以下、職能資格は単に資格という)の最高評価(S)の基本給額については、役員報酬(年収)との格差を考慮して従業員最高の年収を設定し、賞与分を控除した額に基づき設定する。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月5日第2895号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ