【高齢者を活性化する役割・実績給】第4回 高年齢者処遇の問題点 不満解消へ見直し急務 やりがい持てる制度設計を/梅本 迪夫

2012.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

望まれる成果・能力基準

1 最大の問題点は安すぎる賃金

 継続雇用者の処遇上の最大の問題点は、賃金が低いことから生じている不満である。

 定年前まで従事していた同じ仕事を3~4割ダウンの賃金で行う、あるいは、同じ職場で自分より技量の低い元部下や後輩より低い賃金で、同じ仕事をする。なぜそうなのかは承知しており、また理屈では理解しているが、現実の不満は解決されない。不満のある精神状態で、前向きに仕事へ取り組むことやきめ細かい仕事が可能であろうか。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月23日第2882号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ