【高齢者を活性化する役割・実績給】第10回 3つの際立った特徴 定昇・ベアによらず増減 5段階の評価を組み合わせ/梅本 迪夫

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

管理職・専門職にも適合

1 定昇のない評価別定額で決まる基本給

 自律型役割給は果たすべき職務上の役割に対する賃金であり、同実績給は実際にあげた職務上の実績に対する賃金である。同一職能であれば、経年による役割・実績に差はないと考え、職能資格別に同一定額の賃金とする。標準的には、図1のとおり、5段階評価別定額となる。役割給を決める役割評価は、図2のとおり、量的大きさ、質的難易度および挑戦意欲の評価により行う。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月10日第2888号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ