【高齢者を活性化する役割・実績給】第8回 これからの賃金制度の主流に 自律的な働き方に適合 行動目標・成果を評価し決定/梅本 迪夫

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

望まれる評価の明確さ

1 今求められている賃金決定要素は何か

 継続雇用者の賃金決定上の問題点を解決するには、継続雇用者が納得でき、かつ企業にとっても合理的な賃金決定要素として、何を選ぶかである。それには継続雇用者に限らず定年前の者も含め、そもそも賃金はどのように決定すべきかとの原点に立ち返って考えなければならない。一貫性のある軸のブレない賃金決定ルールを構築する必要がある。そのような観点から、役割を賃金決定要素とする役割給、その達成結果に基づく実績給から構成される賃金制度が最適といえる。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月27日第2886号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ