【経営労務とコンプライアンス】第10回 企業の成長ステージ 創業期は即戦力型 相応しい人材戦略を/大野 実

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

形式だけではムリ

 生物に成長のステージがあるように、会社にも成長ステージを想定すると分析、認識がしやすい。

 はじめに、ちぐはぐな人材マネジメントの事例として、会社の成長ステージと食い違ったケースを考えてみる。

 例えば、創業期の企業で「大企業をまねて複雑多岐な人事制度を導入し、運用できずに大混乱を招いて、メンテ業務に追われ、人材戦略どころか人事管理もままならず頓挫したケース」を考えると、創業期のキーワードが、リーダー主導・即戦力・シンプルで迅速な組織運営であることを肝に銘じなければならないことが分かる。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年9月10日第2888号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ