【経営労務とコンプライアンス】最終回 より良いものへ 人は管理を望まず 経営者のリード必要/大野 実

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

次世代へと引き継ぐ

 「経営労務とコンプライアンス」と題して、会社の持続的成長に関する表題を掲げて寸評を述べてきた。

 「組織的経営、経営と人材マネジメント、競争力と人材、労働法制での企業と管理職、会社の成長ステージと人材マネジメント、社会的責任経営、企業不祥事、ガバナンス・リスク管理・内部統制、労務コンプライアンスと経営労務監査の仕組み」などである。いずれの項目も、とても寸評では語り尽せない広くて深い課題である。それを承知で勝手な思いを、限られた字数にぶつけてみたが、やはり問題の重さと同時に、自らの知識、洞察の浅薄なることを再認識するばかりで、読者諸氏には申し訳ない思いばかりが残る。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月24日第2902号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ