【経営労務とコンプライアンス】第17回 内部統制 業務分掌規程作る 職務権限と併せて整備/大野 実

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

権力に不正付きもの

 内部統制システムの主要な要素を掲げる。

 1 権限委譲と権限規程

 権限委譲とその規定化は、組織の拡大と成長に合わせて徐々に進めていく必要がある。これを社内に分かりやすく示すのが「職務権限規程」である。案件に応じて、この金額までだったら部長決裁、それ以下のこの金額までだったら課長決裁、というのを社内に周知させ統一的な判断をするために必要な規程である。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月5日第2895号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ