【経営労務とコンプライアンス】第1回 持続的成長とは 「内部統制」がカギ 組織的経営の確立を/大野 実

2012.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

未だに多い受動的対応

 多くの経営者は、いわゆる会社の管理分野はコストセンターであり、例えばコンプライアンスと聞くだけで、経営の自由度を拘束する法的な規制としてイメージし、受動的な対応に終始しているのではないだろうか。実際の状況においても、未だに多くが会社の成長を促進するための管理ではなく、「管理のための管理」にとどまっているのが実態であるかもしれない。

 ところで、会社は成長なくして存続できない。成長には量的側面と質的側面があるが、成長のためには絶えざるイノベーションが必要である。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年7月2日第2879号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ