【いただきまぁす】湯気の向こうにふるさと②/中山 美鈴

2012.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 ふるさと料理には、洗練されたものもあれば、洗練されない良さを伝えるものがあります。そのひとつが「粕汁」。塩ジャケや塩ブリのアラや塩サバ、イワシのつみれなど各地にいろいろな粕汁があります。湯気のなかに漂う麹の香りがごちそう。ことこと煮た白菜や蕪、大根がことのほかやわらかく感じられ、冬野菜のもつやさしさが酒粕の風味と相まって、幸せな気持ちにしてくれる、そんな汁物です。

 塩サバの汁物に、大阪の「船場汁」も挙げねばなりません。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月10日第2900号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ