【特定技能外国人材 受入れ実務】第10回 来日させる場合の手続き 5年間は受入れ不可 不正行為が発覚した場合/五十嵐 充

2019.06.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働時間管理体制見直しが望ましい

 特定技能(1号・2号)は、特定産業分野に属する一定の技能を有する外国人を対象とする在留資格である。したがって、特定技能外国人を受け入れる前提として、従事させる業務内容は「特定産業分野」に属することが必要となる。また、特定技能は1号と2号に分けられるため、いずれの在留資格で受け入れるべきか、事前検討することが望ましい(連載第3回参照)。

 次に、企業が特定技能外国人を受け入れるためには、過去5年以内に出入国・労働法制違反がないなど所定の基準を満たしていることが求められる…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 五十嵐 充

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ