【特定技能外国人材 受入れ実務】第6回 所属機関の責務② 非自発的離職に注意 パワハラで退職も抵触/高 亮

2019.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

契約の適正な履行財政的基盤で判断

 特定技能外国人を受け入れるためには、前回述べたとおり、特定技能外国人との特定技能雇用契約の内容が法定の基準を満たすことが必要である。それに加えて、所属機関が特定技能雇用契約を適正に履行できることを確保するために定められた基準に適合すること(入管法2条の5第3項)も要求されている。

 所属機関が満たすべき基準は表1のとおりである。とくに注意すべき点として、表1の2は、会社による人員整理などの場合だけではなく、退職勧奨の場合、労働条件に係る重大な問題(賃金の低下・遅配・過度の時間外労働など)があったと労働者が判断した場合や、就業環境に係る重大な問題(故意の排斥・ハラスメントなど)があった場合、…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 高 亮

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月20日第3209号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ