【社労士が教える労災認定の境界線】第292回 荷主の作業所で運転者が荷降ろし中に被災

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 運送業B社に勤務するAが、荷主の作業所で自社のトラックの荷台に入れていたドラム缶を降ろす作業を行っていた。ドラム缶を降ろすため、荷台上で動かしていた際に誤ってドラム缶とドラム缶の間に右手を挟んでしまい、右手末節骨を骨折・切創した。約2週間の労務不能となり休業し、通院加療を要する見込みとなった。

判断

 B社の事業場内での発生ではなく、目撃者もいなかったが、業務上の災害として労災認定がなされた。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 兵庫会
社会保険労務士 夢野事務所 所長 夢野 智行 
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ