【社労士が教える労災認定の境界線】第259回 オートバイ通勤者が工場内の市道で衝突事故

2018.01.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 株式会社Aの労働者Bは毎日、勤務場所の工場にオートバイで通勤していた。その日もいつもと同様オートバイで出勤し、同工場の中門守衛所でタイムカードの打刻を済ませた。再びオートバイで自転車置場に向かっていたところ、同工場構内の市道で走行中のフォークリフトと側面衝突して転倒、左前額部挫創などのケガを負った。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山形会
池田社会保険労務士事務所 所長 池田 順一
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ