【社労士が教える労災認定の境界線】第256回 海外の建設現場で働く労働者が資材の下敷きに

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 建設会社T社は国内で中堅の建設会社。この度海外にホテルを建設することになりT社従業員と下請会社C社の従業員を海外に派遣し、作業員として従事させることになった。ところが、C社の従業員Aが建設現場で作業中に、クレーンから落下した材料の下敷きになり負傷した。C社はAの負傷について、元請会社のT社の労災保険が適用されると認識していたため、労災申請手続きをしてくれるよう申し出たところ、労災保険は適用されないと告げられた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ