【社労士が教える労災認定の境界線】第214回 業務指示を無視して職場を離脱した際に負傷

2016.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 Xは、鉄道関連の業務を行う株式会社Aの従業員として働いていたが、上司の業務指示を拒否したことからいざこざが生じ、事務所を出て行こうと3階から2階へつながる踊り場に飛び降りたことによって負傷した。Xは、これは業務に関連したトラブルから上司に暴行、追跡された結果であるとして、労働者災害補償保険法に基づく休業補償給付の請求をした。

判断

 Xが職場を離脱する過程で、階段を飛び降りて負傷したとしても、客観的に見て、それが原告の業務に内在ないし随伴する危険が現実化したものと…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士永井事務所 所長 永井 康幸

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月1日第2253号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ