【社労士が教える労災認定の境界線】第261回 中途入社3日目の社員が休憩中にトイレで転倒

2018.02.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 電子部品の製造を営むA社は、業務災害の防止、安全衛生教育に力を入れている優良事業所である。その一環として始業前の体操や5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)にも熱心に取り組んでおり、過去5年業務災害は発生していなかった。

 そんな折、法律事務所に勤務経験があるK氏が、A社の特許部門に中途入社した。働き始めて3日後の休憩時間中のこと、トイレ入口で転倒し右ひざを負傷する事故①が発生した。

 その1年後、今度は近隣の取引先へ出張を命じられたK氏が、出張先の駐車場のグレイチングで滑って転倒、左足首の靭帯(じんたい)を負傷する事故②が発生した。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 高知会
前中社労士事務所 所長 前中 博雄
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ