【社労士が教える労災認定の境界線】第335回 利用者送迎の運転手がコロナに感染

2021.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 介護事業を行う会社に勤務するパート従業員A(71歳)は、会社の車で利用者を自宅から会社まで(往復)送迎する運転手をしていた。微熱が続き、新型コロナウイルス感染の疑いがあったため、抗原検査をしたところ、陽性反応となり保健所からPCR検査でも陽性が判明し、休業することになった。

判断

 感染したと思われる日の車内に新型コロナウイルス保菌者がおり、その者から感染したと判断され、業務起因性および業務遂行性が認められ、業務上と判断された。

解説

 業務上災害は、業務起因性と業務遂行性の2点より判断される。新型コロナウイルスへの感染については…

執筆:一般社団法人SRアップ21 兵庫会
社会保険労務士 夢野事務所 所長 夢野 智行

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。