【社労士が教える労災認定の境界線】第248回 休憩中に現場近くで発電機使い、CO中毒に

2017.07.27 【安全スタッフ】

災害のあらまし

 真夏の非常に暑い日に、建設工事業者の社員が工事を行っていた。昼休みの時間に、そのうちの2人が、建設工事現場に隣接した古い家屋に、扇風機とガソリンを燃料とした発電機を持ち込み、扉を閉めて扇風機で涼んでいた。仕事の時間になっても2人が作業場に現れないため捜したところ、古い家屋で2人が一酸化炭素(CO)中毒により死亡しているのが発見された。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 林社会保険労務士事務所 所長 林 弘嗣

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年8月1日 第2287号

あわせて読みたい

ページトップ