【建設業の労働災害事例】第248回 排水ポンプ使用後、吸水槽内で一酸化炭素中毒となる

2018.02.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1. 災害は、排水機場の地下吸水槽内の水位計防波管修理のため、吸水槽内に立ち入った際に発生した。

 吸水槽は、右図のとおり流入水路とつながっており、流入水路部分にはスクリーンが設置されているため、吸水槽とゲートのほぼ中間に設置されている流入水路出入口(縦70cm、横70cm、蓋付き)からしか人の出入りは出来ない。ゲートを閉めた状態での吸水槽の気積は、約390m3である。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ