【建設業の労働災害事例】第227回 法面から工具を拾いに沢へ下りた際、滑落する

2016.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.道路に接している工事箇所の地山の崩壊を防止するため、法面の整地作業を行った後、コンクリートフレームとアンカーボルトで法面を固定する工事である。

2.整地作業を行う場所は、地上から高さ140m、法長180m付近で、地上から架設通路(総延長約210m)を設置した後、整地作業に入る予定で、発生時は、頂上付近で沢をまたぐ水平方向の架設通路の設置作業が行われていた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ