【社労士が教える労災認定の境界線】第227回 集中豪雨で木材監視中に車を救助して大ケガ

2016.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 林業を営むA社に勤務中の従業員Bは、A社が保有する山林の管理責任者であった。Bは被災当日、集中豪雨により保管している木材が流されてしまわないよう、社長より監視を指示され業務を遂行していた。その作業中、山林の道路を走行中だった別会社の車が土砂により立ち往生していた状況を発見、豪雨の状況から危険性が高いと判断し、立ち往生している車からの脱出と、乗車しているCの救助に向かった。Cを救助し安全な場所に誘導していたところ、土砂崩れに遭い数メートル先の崖に落下し大ケガを負った。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士表参道HRオフィス 所長
山本 純次

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月15日第2266号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ