【建設業の労働災害事例】第203回 納屋の解体中、倒壊した壁とバックホウに挟まれる

2014.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.現場は、共同住宅新築工事に伴う、納屋(レンガ造2階建て一部木造建て)の解体作業である。作業は、元請現場代理人、一次下請け現場責任者、二次下請重機のオペレーター(代表)と廃材の分別作業員(被災者)及び他の二次下請作業員の5名で行われた。

2.発生当日、午前8時頃から作業開始前の打ち合せを行い、午前中にバックホウ(機体重量19.7tクローラ式はさみバケット使用)で南東側の壁、2階の木造部分、北西側の壁の解体をおこなった。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年7月1日第2213号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ