【建設業の労働災害事例】第217回 沈没船の船体を切断中爆発により被災する

2015.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.工事は港外に沈没した貨物船を引き揚げるため、船骸をつり上げ可能な大きさまで水中アークで切断し、陸揚げ後スクラップ処理するものであった。

2.作業は5月12日から始まり最初の2日間は潜水士(スキューバ潜水)6名により現場調査及び作業手順の決定を行い、切断作業は14日から開始された。

 潜水士は1本12リットル(200気圧)の空気の入ったタンク2本を装着しタンクの残圧が70気圧になった際に作業を終えることとなっていた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月1日第2235号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ