【建設業の労働災害事例】第255回 過負荷により移動式クレーンが横転する

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害の発生状況

1.木造住宅の基礎工事において、被災者を含む9名で型枠の搬入及び鉄筋の加工を行っていた。災害当日、被災者と同僚1名が型枠材(コンパネ)の搬入を担当し、同僚が積載型トラッククレーン(つり上げ荷重2.93t)の運転操作を行い、被災者が玉掛け作業を行っていた。

2.クレーンのアウトリガー右側は最大張り出しで、左側は張り出していない状態であった。

3.その後、作業責任者からクレーンの右側に置いてあった鉄筋(重量300㎏、100本)をクレーンの左側に移すように指示があり、同じ担当で、クレーンも同じ状態で作業を行うこととした。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ