【裁判例が語る安全衛生最新事情】第292回 プロシード事件 うつで退職した社員への損害賠償認めず 横浜地裁平成29年3月30日判決

2018.03.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 原告X社は、コンピューターのソフト・ハードウェアの設計・製造・販売などを目的とする会社である。X社の代表取締役はAである。被告YはX社の社員であり、平成26年4月にシステムエンジニアとして入社した。そして、X社の指示によりB社においてシステム開発業務に従事した。 

 ところが、Yは平成26年12月20日から21日にかけて、上司であるC部長と面談して平成27年1月末日付で精神疾患を患っていることを理由に退職したい旨を申し出た。さらに、12月21日夕方、Yの母とX社の部長であるCとDを交えて面談し、Yの退職を確認した。ところが、12月22日から同月25日まで、YはX社を欠勤し、連絡が付かないために代表者AとD部長が社員寮に赴き、Yと面談した。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月15日 第2302号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ