【国土を脅かす地震と噴火】59 福井地震(上) 激震と火災で福井市壊滅/伊藤 和明

2019.05.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

倒壊した大和百貨店

 戦後の社会的混乱が治まりかけた1948年6月28日の午後4時13分、福井平野の直下を震源とするM7.1の地震が発生した。福井市はほとんど壊滅状態となり、被災地全体で3769人の犠牲者を出すに至った。地盤の軟弱な沖積平野の真下で発生した地震だったため、地表は激甚な揺れに見舞われ、地震の規模の割に甚大な災害をもたらしたのである。

 被害は福井、丸岡から吉崎に至る南北約15キロの狭い範囲に集中した。森田町や丸岡町など、家屋の全壊率がほぼ100%に達した地域もあった。

 震源地の周辺では、…

筆者:NPO法人 防災情報機構 会長 元・NHK解説委員 伊藤 和明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月13日第3208号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ