【働き方が変わるAI活用最前線】人事編(下) HRアナリティクス 採用最適化を実現 優秀な社員の分析通じ/久場 純哉

2019.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

HRアナリティクス

予測に基づき意思決定

 「なぜこの人を採用したの?」「私はなぜこの部署に配属されたの?」「人材の引継ぎがなされていない…」。これらは、いずれも仕事の現場でよくある話ではないだろうか? 読者の皆さんも、Amazonでまさに自分が欲しいと思っていた本がレコメンドされたり、Googleの検索結果が自分の求めている情報に近かったりした経験はお持ちだろう。

 このように、これまでマーケティングの世界では当たり前に行われてきたビッグデータ解析やレコメンドの最適化が、HRの世界でも可能になりつつある。

 背景には…

筆者:マインドテック㈱ 代表取締役 久場 純哉

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第3203号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ