【働き方が変わるAI活用最前線】店舗編(下) AIカメラによる店舗見守り 運営業務を効率化 最適な人員配置実現も

2019.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前回は「AIとの共生でめざす労働生産性の向上」をテーマに、労働力人口の減少が予想される日本において、AIを活用できる領域には積極的にそれを導入し、人間との役割分担を図るべきであることを概説した。今回は具体的に、我われが小売業界において、店舗の業務効率化や顧客体験のパーソナライゼーションを実現するべく推進しているAIソリューションについて解説する。

従業員の作業実績把握

 近年、インターネットやスマートフォンの普及により、顧客の購買プロセスをデータとして取得し、鮮度の高い顧客情報に基づき新たな商品やサービスの提案を行うEC(電子商取引)が実店舗を構える小売業界からシェアを奪いつつある。そのようななか、当社はAIの画像認識技術を活用した実店舗の生産性向上をめざしている。

 その手法は次のようなものだ。まずIoTカメラを店舗に設置し…

筆者:AI TOKYO LAB㈱ 取締役会長 AWL㈱代表取締役社長 北出 宗治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月18日第3201号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ