【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第19回 「特段の事情」を読み取る(4)/藤川 久昭

2013.11.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

要求レベルが変化 高裁では配転命令無効

1 地裁高裁で結論を異にする場合(続)

 前回の最後の部分は、日本レストランシステム事件地裁判決という下級審判決を例に、「特段の事情」の読み取りを行うという作業を行った。同事件では、労働者への降格命令、配転命令、出向命令の有効性が争われたが、そのうち配転命令に関する部分について取り上げた。

 ところで、同事件地裁判決は、「特段の事情」は存在しないとして、配転命令は有効だとした。しかし、高裁判決(大阪高判平成17年1月25日労働判例890号27頁)は、「特段の事情」の存在を認めて配転命令を無効としている。私たちは、こういった場合どう受け止めれば良いのか?…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月18日第2945号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ