【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第16回 「特段の事情」を読み取る(1)/藤川 久昭

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

基礎付ける事実とは 2つの最高裁判決を例に

1 はじめに

 これまで本連載を読んでいただいて、判例・裁判例では、抽象的な要件が数多く使用されていることが理解できたと思う。その中でも最たるものが「特段の事情」であると私は思う。権利濫用、信義則も確かに抽象的である(これらの読み方も、今後取り上げる予定である)。しかし、これらについては、濫用される「権利」と「やり過ぎ度」、信義則が問われる「状況」と「努力」という歯止めがないわけではない。一方で「特段の事情」は、法的ルールによればある「結論」になるのに、そうならない場合があることを示すものである。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月28日第2942号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ