【本当に役立つ!こころの耳】第92回 事例紹介 安全配慮義務違反が認められなかった判例

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回、紹介する事例は、「高血圧症を有していた労働者のくも膜下出血発症につき、安全配慮義務違反が認められなかった裁判事例(事例6-2)」です。労働者は、通常、指定された場所で提供された設備、器具などを用いて労働に従事しますので、労働契約の内容として具体的に定めていなくても、労働契約を結ぶことに伴って信義則上当然に、使用者は、労働者がその生命、身体などの安全(心身の健康を含む)を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をすべきとされています。…

筆者:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ