【本当に役立つ!こころの耳】第100回 事例紹介 うつ病中の転職意向

2019.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

こんなふうに見えているときは禁物

 今回、紹介する事例は、「うつ病罹患中の会社員が転職活動をする是非を検討する事例(事例4-2)」です。転職の決断には、「今の会社の長所・短所」「辞めないためにまだできることはないか」「なぜ辞めたいのだろうか」「条件面はどうか」「自分は何を求めているのか(自立性、創造性、安定性、職能的やりがい)」など、多方面から総合的に思考することが可能な精神状態である必要があります。その点では、うつ病の状態では、転職活動を考えることは難しく、まずは休職し、休養をとって、うつ病の治療に専念することが大切です。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月15日第2332号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ