【本当に役立つ!こころの耳】第99回 事例紹介 欠員を契機にうつ病

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回、紹介する事例は、「部下の欠員を契機に発症したうつ病の事例(事例4‐3)」です。昨今の人材不足問題などもあり、長時間労働への対策が急務になっています。4月1日から順次施行された「働き方改革関連法」においても、労働時間法制を見直し、残業時間の上限を原則として月45時間、年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることができないと規制しています(中小企業は2020年4月~)。また、臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合でも、「年720時間以内」「複数月平均80時間以内(休日労働を含む)」「月100時間未満(休日労働を含む)」を超えることはできないとされています。 …

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ