【本当に役立つ!こころの耳】第91回 事例紹介 システムエンジニアの心筋梗塞

2019.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ふろ場で倒れて救急搬送

 今回、紹介する事例は、「システムエンジニアの脳・心臓疾患事例(事例1-4)」です。心筋梗塞は、突然、胸や肩、背中などが猛烈に痛み出し、冷や汗や吐き気、呼吸困難などを伴い、突然死につながる深刻な病気です。国立循環器病研究センターの研究グループの調査によると、全国の心筋梗塞による死亡件数は12~2月にかけて増え、1月がもっとも多いことが分かっています。寒くなると血管が収縮し、血圧が上がりやすくなります。そして、血圧が高くなるほど血管への負担が増えます。最近よく耳にする「ヒートショック」は、屋内において、暖かい部屋から寒い浴室や脱衣所に移動することなどで血圧が急に変化し、突然死につながるといったものです。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ