【本当に役立つ!こころの耳】第103回 事例紹介 入院治療によるうつ病からの回復

2019.07.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 63歳男性Eさんの事例です。元来几帳面な性格で、同じ会社で約40年間事務系の仕事をしてきた後、61歳の時に定年退職しました。その翌年、食欲低下の症状が現れたため消化器系の疾患を疑い、地元の内科のA診療所でPET検査なども含めて精密検査を行いました。しかし、異常はありませんでした。

 その後、A診療所から別の心療内科のBクリニックを紹介され、外来通院を開始しました。投薬などにより一時的に症状は軽快しましたが、1年経って、夜間不眠、抑うつ気分がさらに強くなり、食事も摂れない状態になっていたため、精神科のあるC病院を紹介されました。C病院を受診した時には不安焦燥感が強く、…

筆者:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ