【2019春季労使交渉資料】モデル賃金と標準生計費

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 長引く人手不足の影響から、初任給をはじめとする募集賃金の改善が進んでいる。他方では非正規人材の囲い込み、シニア世代の活性化といった課題から、賃金体系を部分的に修正する企業もめだってきた。上げ幅ではなく絶対額重視の改定を進めるうえでも、年齢別モデル賃金の傾向に目を配りたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月7日第3191号9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ