【2013春季労使交渉資料】モデル賃金と標準生計費

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 職務の価値や人事考課による賃金格差が広がり、一方で多様なコースや雇用形態が混在するなかにあって、あるべき賃金カーブを労使で共有する必要性は増している。「賃金体系維持」といった要求・妥結内容が許されるのは、制度上、モデル賃金が描けるという前提あってこそ。将来に禍根を残さないためにも、若年層の成長に応えられるモデルを確立したい。

 厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、新卒入社後、同じ会社で働き続けている者を「標準労働者」と定義し、毎年6月分の所定内賃金などを集計している。5歳刻みの年齢階層別にまとめたのが表1で、大卒男性の規模計では20~24歳22.1万円、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月7日第2903号9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ