【2019春季労使交渉資料】賞与・一時金

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 近年は賃上げの機運が高まり、かつてに比べると賞与・一時金への注目度は薄れている。会社業績は賃上げよりも賞与で還元するというポリシーは、ほとんど聞かれなくなった。一方で昨年のトピックとして挙げられるのが、長時間労働是正の取組みが進むなか、カットできた残業代等を賞与原資に盛り込む例がみられた点だ。今後の動向が注目される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月7日第3191号8面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ