【ぶれい考】キャリアは道連れ世は情け/諏訪 康雄

2018.08.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 キャリアの展開は旅に似ている。

 初めての知らない土地や国へ行くには、団体旅行が便利だ。交通機関も宿泊も、食事も見学箇所も、何から何までセットされ、ツアコン任せで気軽に旅を楽しめる。しかし、何度か訪れた場所や自分なりにこだわりのある訪問先を、心ゆくまで探訪しようとしたならば、個人旅行に限る。

 なるほど、準備に時間や労力はかかるし、お金もかかる。厄介なトラブルに出くわすこともある。だが、だいご味や印象は、はるかに強く、長く残る。

 キャリア展開も同様だ。最初は、誰もが辿ったようなコースを、敷かれたレールに沿って進むのが、初心者の定石。…

筆者:法政大学 名誉教授 諏訪 康雄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年9月3日第3175号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ