【ぶれい考】「四方良し」をめざして/野崎 治子

2018.05.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新卒採用は、定年までの人件費などを考えると億単位の投資に相当する。地頭の良さやセンス、枠にはまらない独自性、失敗を糧にする折れない心、人を巻き込むリーダーシップなど、学生への期待は尽きない。

 一方の学生は、ワーク・ライフ・バランス推進企業や成長できる適職探しに懸命だ。優良企業が10年先まで安泰という保証はない。売り手市場といわれるだけに、不合格が続くと社会から疎外されたように感じる。授業やアルバイトの合間の短期決戦、迷いは尽きぬだろう。無責任かもしれないが全力で迷ってほしい。…

筆者:堀場製作所 理事 野崎 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年5月28日第3162号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ