【登壇労組リーダー】”5つの安心の橋”をめざして/島 和久

2016.06.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 毎朝、元気をもらっていた朝ドラ「あさが来た」が終わった。史上初「幕末」開始の物語で、主人公は、時代に先駆けて「銀行」や「生保」、また日本初の女子大学設立にも尽力した実在の人物で、豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた明治の女性実業家・広岡浅子氏がモデルである。激動の時代を明るく元気に駆け抜けたヒロイン・あさと、陽気に彼女を支え続けたボンボン夫の「おもろい夫婦」、そしてあさを支えるあたたかな人たちの交流が描かれ、主題歌「365日の紙飛行機」と相まって、毎朝その日のパワーをフル充電させていただいた。…

筆者:連合徳島 事務局長 島 和久

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年6月13日第3068号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ