【平成25年 厚労省安全衛生部 年頭所感】墜落・転落防止策進める/中屋敷 勝也

2013.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 我が国の建設業での労働災害は、長期的には減少傾向で推移しており、平成23年における死亡労働災害(東日本大震災を直接の原因とする者を除く。)は342人と過去最少となりました。しかしながら、休業4日以上の死傷災害は、昭和53年以来、着実に減少していたのが、33年ぶりに対前年比4.6%増となりました。また、平成24年10月末までの死亡者数は288人で、前年同期に比べ18%と大幅に増加しています。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 建設安全対策室長 中屋敷 勝也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月1日第2177号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ