【平成25年 厚労省安全衛生部 年頭所感】災防団体との協働が重要に/井内 雅明

2013.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日頃より労働安全衛生行政の推進に対して多大なるご支援とご協力を賜っておりますことに厚く御礼申し上げます。

 現在、労働安全衛生行政では、印刷事業場における胆管がん問題、福島第一原発で働く作業員の健康確保、東日本大震災からの復旧・復興工事の安全確保といった課題があります。

 また、全国的にも、平成24年の休業4日以上の死傷災害は、昨年10月末時点の速報値で6万8599件と前年同期比で2005件(3.0%)の増加となっており、3年連続の増加が危惧される緊急事態であるなど、安全衛生部では大きな課題を多く抱えています。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 計画課長 井内 雅明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月1日第2177号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ