【求人・採用担当者のための改正職安法】第7回 求人・募集者の規制強化⑤ 固定残業代の詳細示す 名称が「営業手当」でも/岸 健二

2018.02.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

高賃金との錯覚回避へ

 法改正とともに行われた指針の改正により、固定残業代制度を採用している場合には、「固定残業代を除いた基本給の額」、「固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法」、「固定残業時間を超える時間外労働、休日労働および深夜労働に対して割増賃金を追加で支払う旨」のすべての明示が必要とされた。

 本来、固定残業代制度は、…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月26日第3150号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ