【いつでもどこでも簡単トレーニング】第25回 坐骨神経痛の予防と対策・1/竹内 夕美子

2013.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「坐骨神経痛」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、坐骨神経痛とはそもそもどんな状態をいうのでしょう。坐骨神経痛は、その症状の表現であり、病名ではありません。

 読んで字の如く坐骨神経(腰から骨盤、お尻を通って足先にまで伸びている非常に長い神経)が何らかの原因で圧迫されることで痛みを生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて痛みを伴う症状の総称です。

 症状が進行すると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、指先まで痺れるケースもありますが、その症状は天候などによっても不規則に変化します。そして、坐骨神経痛がぎっくり腰やヘルニア以上に厄介だとされるのは、初期の段階では…

執筆:㈱マベリックトランスナショナル 管理栄養士 健康運動指導士 竹内 夕美子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月1日第2189号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ