【超高齢社会の働き方・働かせ方】第4回 長所・短所の考察 65歳時の到達目標を 専門能力育成は計画的に/糸賀 大

2018.02.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「ジョハリの窓」で確認

 今回は、高齢者の長所・短所を考察し、超高齢社会での高齢者活用について考える。

(1)高齢者の長所

 一般にいわれている長所を列挙してみると、

 ① 真面目な人が多い=若年層に比し、総じて職務執行態度は真摯である
 ② 知識・技能が豊かである=社歴があり、自社の製品・サービスに関する知識・技能は豊かである
 ③ 問題解決能力がある
 ④ 指導力がある
 ⑤ 協調性がある
 ⑥ 責任感がある
 ⑦ 社内外に人脈を持っている
 ⑧ 社会常識を持っている

等々が挙げられ、長所が案外多いことが分かる。また、若年層が持っていないことの多さにも気付く。

(2)高齢者の短所

筆者:合資会社 社長支援室 代表 糸賀 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月5日第3147号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ